ヒョウモンダコについて



      ヒョウモンダコ

          ヒョウモンダコは、日本南岸をふくむ西太平洋の熱帯~亜熱帯の
          浅い海岸にすんでいます。
          体長約10㎝ほどの小型のタコです。
          体には青い蛍光的な斑点があります。
          青い斑点は変色するのでとてもきれいに見えます。
          刺激を受けると青い輪や線の模様のある黄色に変わります。
          サンゴ礁や岩の間や石の下などに生息しています。

          唾液に猛毒がありますので、 咬まれると体が痙攣したり、
          呼吸困難になったりする事があります。


         刺されないためには


          綺麗な模様のタコですが毒性が強いのでとても危険です。
          見つけても決して触らず、近づかないようにしてください。


         刺された場合は


          飲み込むと危険ですので、毒は口で吸い出さないでください。
          傷の上部をしばり、毒を絞り出して病院へ行ってください。




    ヒョウモンダコ   ヒョウモンダコ


                                 海の危険生物