オニヒトデについて



      オニヒトデ

           オニヒトデは紀伊半島以南の暖かいサンゴ礁に生息しており、
          直径15~30cmの大型のヒトデです。
          全身が棘で覆われていて、鋭い棘の付いた腕を10~17本持っています。
          その棘にはとても強い毒があります。


          刺されると激痛がはしり、患部が大きく腫れて化膿してしまいます。
          細胞が壊死することもあり、最悪の場合は死に至ることもあります。
          沖縄の海ではオニヒトデが大発生する時があり、
          サンゴをすべて食べつくし大きな被害をあたえています。


         刺されないためには


          テーブルサンゴの下などに隠れている場合がありますので
          手を入れないようにしましょう。


         刺された場合は


          目に見える大きなトゲを取り除いて、40~45℃程度のお湯に30~60分つけてください。
          ビニール袋にお湯を入れ、患部に当てても良いです。
          重症の場合は病院へ行ってください。
          刺されると激痛、腫れ、吐き気や麻痺する場合あります。



       


                                 海の危険生物