アンボイナガイについて



      アンボイナガイ

          アンボイナガイは、イモガイ科イモガイ属に属する殻高10cm前後の巻貝です。
          生息水域は、浅海のサンゴ礁から水深40m程の所までと広範囲です。
          夜行性ですので、昼間は石の下などに潜んでいます。


          アンボイナガイは、口内に猛毒を注入する毒針を隠し持っています。
          たかが貝ですが、猛毒蛇よりも何倍も強い毒があります。
          その毒は、インドコブラの約37倍にも値します。
          浅瀬にもいますので、海水浴でも十分に注意しなければなりません。


         刺されないためには

          触ったり、刺激を与えなければ、襲ってくることはないと思いますので
          見付けても触らない事です。
          被害のほとんどは、食用の貝だと思って拾ったり、思わず手を伸ばした際に刺されるケースです。


         刺された場合は


          刺されたところから、いち早く毒を吸い出すことです。
          その後、刺された部位より心臓に近い部分を圧迫し、毒が全身に広がらないようにします。
          そして、直ちに病院へ行き処置を受けることが必要です。



    アンボイナガイ   アンボイナガイ


                                 海の危険生物